プレゼントキャンペーンを成功させる方法

こんにちは、ウェブレター事務局です。

プレゼントキャンペーンは、購買に直結しますし、一時的ですが売上アップが期待できる施策です。実施の事例はないという場合、ぜひご検討ください。

基本的なことですが、成功するプレゼントキャンペーンの方法をまとめました。

プレゼントキャンペーンは、販促施策のプレミアム手法と呼ばれる手法です。商品を買っていただいたお客様にだけプレミアム(=特別)なモノをプレゼントする仕掛けで参加を募り、購買動機を誘うマーケティング上の戦略なのです。

また、購買と引き換えにプレゼントを渡す仕掛けは、「クローズド懸賞」や「クローズドキャンペーン」にあたります。

キャンペーンをはじめるには?


キャンペーンをはじめるには、キャンペーンの企画書作りからスタートします。キャンペーンの企画書には、ターゲットや目的といった軸となる考え方から、広告展開、応募要項といったキャンペーンの仕様を書いていきます。

キャンペーン企画書の目次例

  1. キャンペーンの目的・・・販促キャンペーンを実施する理由
  2. キャンペーンの期待効果・・・想定参加人数や購買数
  3. キャンペーンのターゲット・・・対象商品とメインターゲット層
  4. プレゼントの内容・・・プレゼントを選んだ理由や背景
  5. キャンペーンの流れ・・・告知から応募までのフロー
  6. キャンペーン応募要項・・・期間や応募方法など参加の決まり
  7. スケジュールと予算・・・詳細な項目で計算
キャンペーンのプランニング(企画)
キャンペーンのプランニング(企画)

キャンペーンの流れを決める

プレゼントがもらえるキャンペーンをやっていることを知ってもらい、参加を募ってプレゼントを送るところまでが一連のキャンペーンの流れです。

参加するお客様になったつもりで、キャンペーンの認知から景品を受け取るところまでをイメージしながら、参加しやすさに配慮して全体の流れを決めていきます。

キャンペーンの流れ

  1. <告知>キャンペーンを広告で広める
    新聞折り込み広告や店頭ポスター、ウェブ広告など、ターゲットにリーチしやすい媒体は何かを決め予算配分します。
  2. <応募手段>キャンペーン参加者を募る
    専用応募ハガキやWEBフォームなど、応募者の情報を集める手段を用意します。なるべく多くのターゲットが参加する方法は何かを検討します。
  3. <抽選>プレゼントの当選者を選ぶ
    集まった応募情報からプレゼントを贈る当選者を決定します。締切後にまとめて抽選する後抽選するのが、基本的な方法です。
    その場であたりはずれがわかるインスタントウィン手法や応募者全員プレゼントは参加数を増やす期待効果があります。
  4. <景品発送>プレゼントを贈る
    プレゼントの形状や金額に応じて発送の方法を選択します。普通郵便や宅配便が主流です。現在では、PC、スマホを使ってオンラインで送ることができるデジタルギフトも、住所情報取得なしでプレゼントキャンペーンが実施でき、今後はお客様に指示が広まることでしょう。

キャンペーンの流れを作る
キャンペーンの流れを作る

プレゼントキャンペーンで必要なメディアやツール

広告からプレゼント発送までプレゼントキャンペーンを実現するためのメディアやツールを用意します。コストに直結するため、効果的な広告メディアを選び取り、無駄なく必要最低限のツールだけを用意することで、プレゼントへの予算配分を大きくできます。

  1. キャンペーンの概要
    企画書で設定した内容に沿った、具体的な応募期間や応募手段を整理します。
    1. 対象商品・・・重要な応募条件の一つ。店頭でもわかりやすく
    2. 応募期間・・・短くて1ヶ月長くても3ヶ月程度
    3. 応募手段・・・スマホでQRコードから応募できるWEB応募は必須
    4. プレゼント品・・・プレゼント品は商品購入価格の20倍まで
  2. キャンペーンを告知する広告
    ターゲットが、どのメディアへの接触が多いかを見極め、店頭や交通広告、新聞折り込み広告などのアナログ媒体とWEB広告などのデジタル広告を使いわけます。
    1. ポスター・チラシ・・キャンペーン内容に絞り、心に残るデザインが理想
    2. 商品パッケージ・・・対象商品シールで訴求できるとわかりやすい
    3. ウェブ広告・・・リスティング広告、メール広告、SNS広告など多種多様
    4. ランディングページ・・・ウェブ広告から「着地」させるために必要
  3. ハガキや応募サイトの制作・開発
    1. 専用応募ハガキ・・・A5サイズで片面を切り取って送るのが主流
    2. キャンペーン専用応募サイト・・・商品、プレゼントの写真、応募要項掲載
  4. プレゼント品とその発送
    1. 抽選会場でプレゼントをその場で渡す・・・大型商業施設や店頭で可能
    2. プレゼントを梱包して発送する・・・手紙でメッセージを同梱可能
    3. デジタルギフトをメールやSNSで送信・・・住所情報なしで送付可能
  5. キャンペーン結果のレポート
    • 広告の反響率・・・広告の費用対効果を計算し、次に最適化できる
    • ウェブサイトのアクセス状況・・・ページの作りの課題が発見できる
    • 応募件数・・・キャンペーンの成功を裏付ける数値
      • 応募者のプロフィール:ターゲットが合っていたか確認できる
      • 商品の購買情報:レシート情報などからは購買意向がわかる
      • キャンペーンを知ったきっかけ:広告を最適化するための情報
      • キャンペーンへの応募動機:プレゼントを最適化するための情報

プレゼントキャンペーンで失敗しない方法

プレゼントキャンペーンを成功させるために、参加いただくお客様の立場に立った設計が大切です。
気楽に楽しく、キャンペーンに参加いたく仕掛けを第一に考えましょう。

◆ウェブサイトでも参加できるように

ウェブ応募では、PCやスマホから簡単に応募ができます。読みやすくデザインのキャンペーンページ制作やタッチ回数も少なくするなどウェブフォームにも工夫しましょう。

◆欲しいと思うプレゼントを景品に

商品ブランドや社名を覚えてもらい、強い購買動機の引き金となる魅力的なプレゼント選びが重要です。複数のプレゼントコースを用意して選ばせたり、Wチャンスなど副賞を用意してはいかがでしょう。なるべく景品は多いにこしたことはありませんが、予算も考慮して、バランスの良い景品選びをしましょう。

◆スピーディなお客様対応の体制作り

キャンペーンの応募期間中には、電話による問い合わせ窓口を置いて、キャンペーンの参加方法やスマホ応募サイトの操作についての問い合わせにスピーディに対応しましょう。

景品選びとスマホ応募
景品選びとスマホ応募

まとめ/成功するキャンペーンの作り方

プレゼントキャンペーンは、売上増加が期待できるマーケティング上の戦略です。やることは多いですが、予算配分を考えて適切に運用すれば、効果を出すことが可能です。また、キャンペーンの精度を上げるために、応募の結果やアクセスの情報を集計・検証して、次回につなげていきましょう。

成功するキャンペーンの作り方を簡単にまとめます。

キャンペーンの企画作り

ターゲットや目的といった軸となる考え方から、広告展開、応募要項といったキャンペーンの仕様

キャンペーンの流れを設計

告知にはじまり、応募手段、抽選、景品発送までの流れを考える

プレゼント選びと応募手段の準備

広告からプレゼント発送までプレゼントキャンペーンを実現するためのメディアやツールを用意する

プレゼントキャンペーンを成功させるコツは、効果的な広告メディアを選び取り、無駄なく必要最低限のツールだけを用意することです。
そして、プレゼント選びは、ターゲットに商品を買い続けてもらうきっかけを作るための、キャンペーン成功のための重要要素です。

ウェブキャンペーンをはじめるなら、プレゼント選びから発送まで対応する「キャンペーン缶DX」

キャンペーン施策で困ったら・・・・

  • プレゼント(景品)選びはどうやってやるの?
  • ウェブキャンペーンはどうやるの?
  • 配送の手間やコストを減らしたい
  • 応募者の情報をマーケティングに活用したい
  • デジタルギフトにはどんなものがあるのか?

こんな課題をお持ちに企業担当者様、ぜひキャンペーン缶DXを検討ください